スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
パパ、無駄に毎回見ていませんね。
昨日の百識王を録画した物を、朝から家族で見ていた時、
(チェリベリ父も、私達母娘が見ているので必然的に見せられている?)

翔央君がいろんな帽子(そうです、テーマが帽子でした)をかぶり、
「ドラマでこんな役来ないかな?」(こんな感じの事を言ってた)と、誰にだか解らないけどアピっていたのを見て

父 「この子さ、面白い子なのにね、前に出方が下手なのか、事務所の押し方が下手なんじゃないの?もっと押して、いろいろ出してあげればいいのにねぇ。」

娘、母 「う~ん!!そうなんだよね!」

         う~ん!そうなんだよ!
                           ちょっと色入れて強調してみました。


ドラマ、お願いします!
歌、 お願いします!    

とりあえず、舞台でケガ無く、成功祈ります。  ヒャホー!もうすぐだわ!

                           しかし、出勤前にのんきと言えばのんきな家族                     
スポンサーサイト
ロミジュリパンフ
妹が昨日、何かの舞台を観に行き、入場の時に配っているパンフレットの束の中に「Romeo&Juliet」を見つけて、持って来てくれました。

黒をベースに上田氏と小林涼子ちゃんが目をつぶって向き合っている写真です。

「なんだ翔央は名前しか載ってないのか(ФДФ)」 と思ってペロンと後ろを見ると、

いたぁー!\(>∀<)/

り・凛々しい!でございます。

ゴージャスな衣装ですね。
テレビで見たあのシルバーのスーツに蝶ネクタイ♪です。
(上半身だけしか写っていませんが)
この蝶ネクタイ姿というのが可愛い(^_^)
だけど、お顔はキリッ!としています。(黒髪がキリッとさを増しています)
そして、目力が素晴らしいです。
イノッチ先生に雪玉ぶつけた小悪魔とは思えません。
  
ハセジュンも大きくなられてねぇ←近所のおばさんのような気持ちです。
今でも楽屋でお菓子をたくさん食べてるのかしら?

さて今回の翔央君は、どんな演技を魅せてくれるのか、とても楽しみですね。

諸先輩の方々にご指導いただき、この舞台が終わった頃には、きっといろいろ吸収して、益々成長して素敵になった翔央君が見られると思うと、そちらも楽しみです。

それにしても、今回だけは死にそうだったけど死ななかった、みたいにして最後まで出てくれて、全然OKなんですけど ←ムリ!
じゃあ、死んでいるのに誰も気がつかないで、しばら~くそこに倒れてるとか、
百歩譲って、下手で痛手を負って上手ぎりぎりまでゆっくり這って行くとか?←だから、ムリですから!
少しでも長く同空間に居たいのですが・・・
ロミオとジュリエット稽古場風景

こんにちは☆チェリベリです♪
はなまるマーケットに上田くんが出演するということで、
「もしかしたら・・・?」と思って一応録画をしていたら、
ロミジュリ稽古場風景キターー(゜▽゜)ーーー!!!!
上田君とフェンシングをする翔央くんの姿が映っていました☆

「百識でフェンシングのロケにいったことが役にたったね~」
と親子で話していました(^U^)☆

ますますロミオとジュリエットが楽しみになりました(>ω<)
早く見たい~~~!!!
セミスィートが好き
最近、平成がYa-Ya-yahの曲を何曲か歌っているのを聴いて、
「懐かしいなぁ」と思う反面、正直、やはり物足りなさを感じてしまいました。
視覚的なことは仕方がないのですが、聴覚的にも物足りなさを感じました。
Ya-Ya-yahというユニットは、声でも絶妙な組み合わせだったんだなと、思わされました。
顔ばかり気をとられていました。

翔央のほんのり甘く、やさしい歌声と
太陽の張りのある元気な声(声変わりしてからは、迫力のある伸びのある低音)が、
初期のYa-Ya-yahでは薮クンのエンジェルボイスを, より際立たせ、
声変わりした薮クン、光クンの声を上手く包み込むというのか、上手く活かすというのか
確かに、翔央と太陽はメインでは歌っていませんが、ちゃんとメインの声を支えていたんですね。
厚みがあり、深く、迫力があり、そして優しくて、安定した (少々ホメすぎ?)
耳に心地よい四人の声の組み合わせでした。
Ya-Ya-yahの曲は確かに良い曲ばかりですが、四人の歌声が相乗効果を生んでいたのではないかと思いました。

それにしても、翔央のソロも聴きたいです。
 また親子で、射ぬかれちゃうんだろうなぁ。 ウッツ、ヤラレタ~♥って
 
小悪魔 翔央あらわる!
2月3日の百識王テーマは*雪* 
前回「歯医者」と共に、おとなしい感じでスタートした翔央くん。
「ホー」とか「ハー」とかで終わってしまうのかと思いきや、

スタジオに宅配で届けられた本物の雪で百識団のテンションが上がります。

いのっち先生が「これで、ダンゴつくろうぜ!」なんて言ってしまった。

いのっち先生が自分の作った雪ダンゴを見て納得して、「フフンッ」とした瞬間、
小悪魔翔央が先生めがけて、思いっきり雪ダンゴをぶつけてきた!
それも、思いっきり笑顔で!
 
私が思うに、いのっち先生も作った雪ダンゴを誰かに・・・なんてチラッとおもって「フフンッ」
って顔になったんだと思うのね。
でも、そんなことを思うのは小悪魔の方が早かった!

先生にすきを与えず、投げる投げる!
それも、本当におもいっきりですよ。
「殺意がある」と言われても、仕方がないくらいです。ハイ
いたずらして、人が慌てるのが大好きな小さな子供のようです。

なんて可愛い奴なんだ!



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。